Day: May 22, 2021

30代・40代のほうれい線対策のエイジングケア化粧水、どう選ぶ?Health & Fitness

30代・40代のほうれい線対策のエイジングケア化粧水、どう選ぶ?

30代から始めたいほうれい線ケア! 30代、40代でも女性の肌悩みの上位にランクインするほうれい線。 目立ってくると美肌から遠ざかり、5歳以上も老けた印象になってしまういや~なものです。 そのまま何もケアしなければ、どんどん深くなるほうれい線。 すぐにでも、エイジングケア化粧品を使って対策したいですね。 エイジングケア化粧品といっても、化粧水をはじめ、美容液や乳液、保湿クリームなどたくさんのアイテムがあり、販売ルートも百貨店、デパート、ドラッグストア、通販などさまざまです。 なかでもスキンケアの最初のステップで使う化粧水は、配合される美容成分やテクスチャーも多種多様で、ほんとうにいろいろなものが売られています。 では、そんな中から、自分にあったほうれい線対策に使えるエイジングケア化粧水を、どのようにして選べばいいのでしょうか? そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「30代~40代でほうれい線を消すエイジングケア化粧水!選び方は?」の記事を参考に、30代~40代のほうれい線対策のためのエイジングケア化粧水の選び方をご紹介します。 ほうれい線が目立つ原因とは? ほうれい線ができる主な原因は「顔のたるみ」です。 お肌のハリや弾力が減ってくると、お肌は重力に引っ張られて下がってしまいます。 このたるみによって、ほうれい線が目立ってくるのです。 では、そのたるみがどうして現れるかといえば、加齢にともなって以下のようなことが起こるからです。 お肌が乾燥しやすくなる 表情筋が衰えてくる 皮下組織や皮下脂肪が衰え肥大化してくる さらに、真皮のコラーゲンやエラスチンなどの減少も大きな問題です。 線維芽細胞が衰え始めるので、こうしたお肌のハリをもたらす成分も減ってしまいます。 本来、こうした症状は30代後半以降になって出てくることが多いのですが、20代や30代前半の若い世代でもほうれい線に悩む方が増えているようです。

Forgot Password